Visual Studio 2019 のインストール手順

ページ更新日 :

環境

Visual Studio
Visual Studio Community 2019

はじめに

ここではプログラムを開発するにあたって使用するツール「Visual Studio」のインストールの手順を説明しています。

今回の手順では「Community」版を使用していますが、Professional や Enterprise の場合でも入手手段が DVD や ISO などが異なる点以外はインストールの手順は同じです。

Visual Studio Community 2019 については個人での開発目的での利用は無料で使用できますが、会社など法人での利用は制限がありますのでご注意下さい。

事前準備

  • Microsoft のサイトであらかじめ Microsoft アカウントを取得してください。Windows 10 導入時のログインアカウント作成で Microsoft アカウントを取得している場合はそれを使用してかまいません。
  • ツールをインストールするので管理者権限のあるアカウントで Windows にサインインしてください。

インストール手順

以下の Web サイトからインストーラーをダウンロードします。 実際にインストールする中身はインストール中にダウンロードされるので、インストーラー自体のダウンロードはすぐに終わります。

Community の無料ダウンロードをクリックします。

image

保存が開始されるので保存します。既定ではダウンロードフォルダに保存されます、

image

実行します。

image

「はい」を選択します。

image

「続行」をクリックします。インストーラーが更新されるので完了するまで待ちます。

image

インストール画面が表示されます。Visual Studio 2019 ではすべての機能がインストールされるわけではなく開発目的によってインストールする機能を選ぶことができるようになっています。

image

いくつか主要な開発を例に上げると以下のようなものがあります。

インターネットなど Web サイトで動くプログラムを作りたい
  • ASP.NET と Web 開発
  • Azure の開発
  • Node.js 開発
Windows 上で動くプログラムを作りたい
  • .NET デスクトップ開発
  • ユニバーサル Windows プラットフォーム開発
スマートフォンで動くプログラムを作りたい
  • .NET によるモバイル開発
ゲームを作りたい
  • Unity によるゲーム開発
  • C++ によるゲーム開発

ここでは「.NET デスクトップ開発」を選択してみます。チェックを入れると右側にインストールされる項目が追加されます。

image

個別のコンポーネント

「ワークロード」では大まかなインストール項目を決定しますが、細かくインストール項目を決定したい場合は「個別のコンポーネント」を選択します。

image

詳しく分からない場合は飛ばして問題ありません。後から追加でインストールすることも可能です。

チェックをつけ終わったら右下にある「インストール」ボタンをクリックします。必要なファイルをダウンロードしつつインストールが行われます。 時間が掛かりますので完了するまでしばらく待ちます。

image

インストールが完了すると Visual Studio が起動します。先ほどのインストーラーの画面は閉じてかまいません。 Visual Studio を最初に起動したときはアカウントの入力を求められますので、取得済みの Microsoft アカウントでサインインします。(あとで行うこともできます)

image

image

image

2段階認証などを行っている場合はコードを入力してください。

image

サインインが完了するとプロジェクトの作成画面が表示されます。これでインストールと初期セットアップは完了となります。

image

プロジェクトの作成と実行

試しにプログラムを動かしてみたいと思います。右下の「新しいプロジェクトの作成」を選択します。

image

とりあえず画面を表示させてみたいので「WPF App (.NET Core)」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

image

作りたいプログラムの名前をプロジェクト名とします。実際にユーザーに見せるプログラムの名前は後で変えられますので、内部的な名前としては英数字で入力したほうが無難です。 プログラムの作成先のフォルダパスは任意の場所を指定してください。 入力したら「作成」ボタンをクリックします。

image

しばらくすると実際の開発画面が表示されます。 ここから画面のデザインやプログラムの開発を行うのですが、まずはプログラムが動くか確認します。

image

ツールバーに「▶プロジェクト名」のボタンがあるのでクリックします。

image

するとウィンドウが表示されました。また何も編集はしていませんがとりあえずプログラムが動くことは確認出来ました。 表示されたウィンドウを閉じることによってプログラムを停止させることができます。

image

ここから目的にあわせて自由にプログラムを作っていきましょう。